シングルマザーに向いている仕事

シンママたちはこうして仕事を選んでます

母子家庭ではもちろんお母さんの収入がすべてです。
お子さんが多ければ多いほど、時間に制約がかかるし、できる仕事は限られてきますよね。

 

現に、シングルマザーの就職に関する相談ごとには、

  • 「希望している職種に就けない」
  • 「自分の思ったような条件にあった仕事がない」
  • 「仕事をしたいけど、子どもを預けられる場所がない」

などといった話が多くあるようです。

 

シンママたちの仕事選びのポイント

1.子どもを預けられる場所があるかどうか

母子家庭の場合、まったく頼れる人がいなかったりすると、幼い子どもの預けられる場所が見つけられるかどうかが仕事をするうえでポイントとなります。
保育園・保育所不足がさけばれる昨今、子どもを長期的に預かってくれる場所を見つけるのは困難です。

 

しかし最近では子どもを連れて仕事ができたり、子どもを預けられる施設が備わった「子連れ出勤制度」のある企業も増えてきています。
メディアによってはメリット・デメリットがあると言われていますが、母子家庭のお母さんにとっては本当にありがたい制度ですよね。

 

職場の人に理解してもらうには行動が必要ですが、元々理解のある職場で働けるのならそれに越したことはありません。

 

2.自分の希望を少し減らしてみる

子どもが熱を出したら?夏休みや冬休みなどの長期休暇はどうする?
子どもとの時間も確保したいけど、時には残業があってお迎えにいけないかもしれない…。
などなど、就職にあたっては子どもについて考えることがたくさんありますよね。

 

とにかく正社員としてバリバリ働かないと!という気持ちはもちろん大切ですが、

 

  • 勤務先と自宅との距離
  • 子どもの預け先
  • 給料
  • 帰宅時間
  • 絶対に休みたい・休まなければいけない曜日
  • 子どもの行事が優先できる
  • 長期的に続けられる仕事かどうか

 

たくさんの希望がある中で、どれを優先してどれを減らせるかを考えてみましょう。

 

最初は正社員でなくてもよいのではないか。
パートやアルバイトでも、少しずつスキルを身に着けて収入アップに繋がらないか。
仕事をしながら資格を取っていけるのではないか。

 

絶対的に希望するものとそうでないものを区別することで、一気に仕事選びの視野が広がります。

 

働くシングルマザーたちがオススメする職業ベスト3!

看護師

必要な資格

看護師(国家資格)

就職率

ほぼ100%

メリット

給料が安定している
長く続けられる
出産や育児経験が仕事に役立つ

デメリット

資格取得までの道のりが長い
仕事がハードで夜勤もある
子どもが病気のとき休みにくい

 

就職率がほぼ100%と非常に安定した職業です。
自分の希望条件を優先して職場を探すことができ、収入も安定しています。

 

しかし資格取得には看護学校や大学へ通う必要があり、3〜4年程度の時間がかかります。
勉強量も多く、費用は大体70〜100万円程度が目安となっています。
また仕事内容も人の命を預かるものなのでハードですし、子どもの用事にあわせた休みはほぼ取れないと言っていいでしょう。

 

社会保険労務士

必要な資格

社会保険労務士

就職率

多くの企業で求められている

メリット

専門職として優遇されることが多い
独立して企業することもできる
仕事内容が自分次第で大きく変わる

デメリット

資格取得までに1〜4年程度かかる
ある程度営業力が必要になる
資格を生かせるかどうかは自分次第

 

社会保険労務士とは、企業の人事や賃金体制、労務に対するアドバイザーとしても活躍できる職業です。
主な業務は給与や社会保険料の計算ですが、企業に就職しなくとも独立して自分で開業することもできます。

 

しかしこちらも資格取得には時間がかかり、年1回のみ行われる資格試験では、

  • 労働基準法及び労働安全衛生法
  • 労働者災害補償保険法
  • 雇用保険法
  • 労働保険の保険料の徴収などに関する法律
  • 健康保険法
  • 厚生年金保険法
  • 国民年金保険法

などといった各法律の知識はもちろん、すべての試験科目において一定以上の正答率を出さなければなりません。
そのため資格修得までに時間がかかることも多く、また独立起業する場合には自分で営業しなければならないなど、相当な努力が必要となる職業です。

 

自治体の臨時職員

必要な資格

職種によってはない場合が多い

就職率

各自治体による

メリット

勤務時間は大体9時〜17時
心身ともに安定感が得られる
60歳代まで勤められる場合がある

デメリット

正規職員への登用はなし
仕事内容も賃金も変わらない
キャリアアップができない

 

 

経験や資格が必要なく、60歳代までの勤務ができる場合も多いのが各自治体や団体の臨時職員。
自治体の広報やホームページで募集がかけられていることが多い職業です。

 

仕事内容は主に社団法人などの団体職員のサポートとなっています。
残業がなく、一般企業より休みが取りやすいので子どもとの時間を大切にできます。
また、波のない仕事内容のため、精神的にも安定して仕事ができるのが大きなメリットと言えます。

 

しかしどれだけ長く勤めてもキャリアアップは見込めません。
ですので、仕事をしながら資格を取りたい、という方も多いようです。

 

まとめ:仕事選びの焦点はやっぱり子ども

「収入か、子どもとの時間どっちが大切か」と尋ねられて、即答できるお母さんはいません。
どちらもかけがえがなく、両立が困難で、選びようのないものです。

 

それでもお金がないことには生きていけないわけで、いかにうまく稼ぎながらやり繰りしていくか、がシングルマザーたちの仕事選びにおける焦点になります。
とはいえ資格取得には時間と費用がかかりますし、最低限であっても希望を満たす職業に就けるのはほんの一握りです。

 

どうしても自分の希望にあった職が見つからないときには、地域の「母子家庭等就業自立支援センター」に相談してみましょう。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000062967.html

 

母子家庭等就業自立センターは各都道府県や市に設置された就業支援サービスです。
就業相談や支援講習会、適性に応じてハローワークなどの情報を提供してくれたり、生活支援における相談も行われています。
このような母子家庭を支援してくれるサービスや事業を有効活用し、各家庭状況にあった仕事探しに役立てていきたいですね。